ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

ジャパンフィッシングショー 2018 みなとみらい・パシフィコ横浜


全国の投げ釣りファンの皆様、いつもお世話になりまして、ありがとうございます。店主の寺田弘孝です。いよいよファン待望のフィッシングショーですね。1月19日(金曜日)の現地レポートです。

  • ジャパンフィッシングショー 2018 みなとみらい・パシフィコ横浜ジャパンフィッシングショー 2018 みなとみらい・パシフィコ横浜
  • ジャパンフィッシングショー 2018 みなとみらい・パシフィコ横浜ジャパンフィッシングショー 2018 みなとみらい・パシフィコ横浜

DAIWA/ダイワ

最初は、ダイワさんの投げコーナーにやって来ました。

  • ダイワさんの投げコーナーです。ダイワさんの投げコーナーです。

こちらの大注目は「2018トーナメントサーフ35PE」と「2018トーナメントサーフ35QD」です!!
ドラグ無のモデルが08PE仕様と15PE仕様の2機種、ドラグ付モデルが3号仕様の1機種になります。
担当者の畠中さんに、こだわり等語って頂きましたが、ドラグ無しの35PEについては、「自重410g」と大幅軽量化を実現、さらに操作性とタフなリールを追求ということで、2006年に発売された前作のトーナメントサーフ35から大幅に進化しております。
巻いた感じも、しっとりとして、大変滑らかで、おうっ!なるほど~って感動モノでした。
中・近距離ポイントでのトラブルレスそして手返し重視のセッティングは、大口径2度のテーパースプールが肝になっているようですが、篭定遠投スプールもダイワさん用には2002年より2度のテーパースプールを展開しており、そのトラブルレスは実証済みであります。機能満載なリールにしては、価格も手頃で、楽しいキスの投げ釣りに欲しい1台ですね。

  • 「2018トーナメントサーフ35/08PE」です。「2018トーナメントサーフ35/08PE」です。
  • 「2018トーナメントサーフ35/15PE」です。「2018トーナメントサーフ35/15PE」です。
  • 「2018トーナメントサーフ35QD/3号用」です。「2018トーナメントサーフ35QD/3号用」です。

【動画】トーナメントサーフ35&35QD/TOURNAMENT SURF 35&35QDの特徴を畠中様に語っていただきました。

あと、「2018トーナメントサーフ35」用に、「RCSサーフスプール35/08PE」と「RCSサーフスプール35QD/3号用」が5月に発売予定となっておりますので、こちらも要チェックですね。

  • 「RCSサーフスプール35/08PE」です。「RCSサーフスプール35/08PE」です。
  • 「RCSサーフスプール35QD/3号用」です。「RCSサーフスプール35QD/3号用」です。

あと、従来の45mmリール用には、ナイロンライン専用の「RCFサーフスプール45COMPETITION」が5月に追加発売となりますので、キャスティング選手は要チェックです。

  • 「RCFサーフスプール45COMPETITION」です。「RCFサーフスプール45COMPETITION」です。

ダイワさんのこだわりの一つにスプールの共通化があります。35mmリール、そして45mmリールは、大昔のリールから現在のリールまで、35mmの全てのスプールには互換性があり、45mmの全てのスプールには互換性があるのは嬉しいことですね。

続いて25mmシリーズが大変身を遂げました!!先ずは、「グランドサーフ25シリーズ」です。
自重は驚きの380gです。軽いです!!また、巻取りの長さもハンドル1回転でなんと94cm、「マグシールド」搭載はもちろんのこと、まさに多機能コンパクトマシンですね。ショートロッドの代表、キャスティズムシリーズと相性抜群、投げ釣りが楽しくなる逸品です。3月に発売予定です。

  • 「グランドサーフ25/06PE」です。「グランドサーフ25/06PE」です。
  • 「グランドサーフ25/15PE」です。「グランドサーフ25/15PE」です。

次は、「パワーサーフSS QDシリーズ」です。
クイックドラグ搭載、25mmストロークで軽量コンパクトな操作性を追求したサーフリールの登場です。
以下は、3月に発売予定となりますが、こちらも楽しみな逸品ですね。

  • 「パワーサーフSS3500QD」です。「パワーサーフSS3500QD」です。
  • 「パワーサーフSS4000QD」です。「パワーサーフSS4000QD」です。
  • 「パワーサーフSS4500QD」です。「パワーサーフSS4500QD」です。

次は、ロッドのコーナーです。

  • ロッドコーナーです。ロッドコーナーです。

青色の「スカイキャスターシリーズ」が大変身です。

  • 「スカイキャスターシリーズ」です。「スカイキャスターシリーズ」です。

【動画】スカイキャスターAGS&ストリップ/SKY CASTER AGSの特徴を畠中様に語っていただきました。

担当者の畠中さんに、こだわり等語って頂きましたが、特長は大きく以下の3点です。
1:「元竿節長設計」採用。
2:カーボンフレームガイドの「AGS」搭載。元ガイドにはシルバーに輝く「Cリング(コバルト合金)」採用。
3:ブランクス素材に「HVFナノプラス」を採用して、粘り強く、振り抜きやすさ、コントロール性を追求。

実際、素振りではありますが、会場でロッドを振った感じは、従来のスカイキャスターシリーズに比べて、硬いなあ、返りが速いなあって感じで、実釣では27号、30号クラスで十分、33号は手強いなあって思いました。
実際、例えば今回の27号は、従来の27号の比ではないです。1ランク硬くて、速くなっているイメージでしたのでご注意を。ただ、軽く振るだけで、1番節と2番節は曲がってくれますので、4色、5色ラインは楽にクリアーかなって思いました。ただ、実際にオモリを付けて投げてみるのが一番です。各地の試投会へ是非参加して下さい!!

現状、決定の試投会は、3月24日(土曜日)の酒匂海岸(神奈川県)、3月25日(日曜日)の福田海岸(静岡県)ですが、茨城会場や平塚会場、その他会場も予定しているようですので、奮ってご参加下さい。

  • 試投会情報です。試投会情報です。

続いて、「キャスティズムシリーズの振り出」もモデルチェンジです。

  • 「キャスティズムシリーズの振り出し」です。「キャスティズムシリーズの振り出し」です。

長さが3.65mと3.85mで、18号~30号と幅広くラインナップ。軽快さと機動力の逸品ですね。こちらも、試投会で是非お試し下さい。

最後に、昨年からラインナップしている15リッターのサーフ仕様クーラー、「クールラインα SU1500XとS1500X」です。飲み物たっぷりで、夏場の色々な投げ釣りに活躍しますね。こちらも逸品です。

  • 「クールラインα SU1500XとS1500X」です。「クールラインα SU1500XとS1500X」です。

SHIMANO/シマノ

次は、シマノさんの投げコーナーにやって来ました。

  • シマノさんの投げコーナーです。シマノさんの投げコーナーです。

こちらの大注目は「サーフリーダーCI4+シリーズ」です!!
ドラグ無のモデルが35極細仕様と35細糸仕様の2機種、ドラグ付モデルがSD35標準仕様の1機種になります。
巻いた感じは、いつものシマノさんの「しっとり」とした「滑らか感」、お手頃な価格で、コストパフォーマンスに優れた逸品ですね。35mmストロークの大口径スプールで飛距離アップは間違い無しです。キス釣り、大物釣りと色々なシーンで活躍してくれそうです。5月発売予定です。「サーフリーダーCI4+ 35極細仕様」です。

  • 「サーフリーダーCI4+ 35極細仕様」です。「サーフリーダーCI4+ 35極細仕様」です。
  • 「サーフリーダーCI4+ 35細糸仕様」です。「サーフリーダーCI4+ 35細糸仕様」です。
  • 「サーフリーダーCI4+ 35標準仕様」です。「サーフリーダーCI4+ 35標準仕様」です。

最後は番外編です。

グローブライド株式会社、代表取締役社長の鈴木一成様のご紹介です。
思い起こせば遥か30年前のお話、当時、ダイワ精工株式会社、静岡営業所の営業マンとして赴任された25歳の鈴木一成様。店主とはそれ以来のお付き合いとなりますが、2017年10月にはついに代表取締役社長にまで昇りつめました。まるで、「傑作漫画の島耕作」の世界です。「為せば成る」、「努力は人を裏切らない」。会場では、社長様から声を掛けてくれて、毎年フィッシングショーでお会いしておりますが、昔と全く変わらない気さくな対応に大感激でした。嬉しくて記念にパチリです。

  • グローブライド株式会社、代表取締役社長の鈴木一成様と記念写真です。グローブライド株式会社、代表取締役社長の鈴木一成様と記念写真です。

以上、簡単にご紹介させて頂きましたが、2018年も楽しみな新製品がたくさんございます。

篭定釣具店 店主 寺田弘孝