ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

【週間投げ釣り情報】キビレ39センチ…大阪・淀川


【スポーツ報知 週間投げ釣り情報 4月5日掲載分】

投げ釣りでキビレを釣った野村さん(左)と大型アブラメを仕留めた乾さん投げ釣りでキビレを釣った野村さん(左)と大型アブラメを仕留めた乾さん

1人で釣りをするのもいいが、仲間と一緒に競い合うのも楽しい。

私が所属する投げ釣りクラブの月例会が、3月24日午後9時から翌日の午前中にかけて開催され、参加した。

審査対象は本賞の部がカレイ・アブラメ(クジメを含む)の1尾長寸、他魚の部はそれら以外の1尾長寸だ。

釣行前、まずは作戦を立てた。最初は大阪市内の淀川で他魚の部のキビレを釣り、岬町に移動。みさき公園裏でアブラメ・クジメを狙うことにした。

淀川はキビレの魚影が濃い。1月21日のクラブ初釣り大会では3時間で36~41センチを10尾釣った。

大釣りを期待してスタート。2投目に勢いのあるアタリで早速、39センチの本命がヒットした。ハリを完全にのみこんでいたので「いける」と思ったが、その後は様子が変化。アタリが小さくなり、ハリに乗らないことが多くなった。週末の前に降った雨の影響で底にゴミが多く、水温も下がって食いが渋いようだ。

攻め方を少し変えることにした。通常、ハリはチヌ5号(がまかつ)を使っているが、ハリ先がより鋭いキス専用バリに交換。乗りの悪い魚でも唇の皮一枚で掛かるようになり、結果として34~39センチを4尾釣った。

移動した、みさき公園裏には根魚のポイントが多数ある。20センチ前後のクジメから40センチオーバーのアブラメまで釣れる、手軽な場所だ。午前6時に再開。20センチまでのクジメを3尾ゲットした。なお、道路から投げる場合は歩行者や車に注意が必要だ。

泉佐野市内で午前11時に審査。兵庫・淡路市仮屋の波止に行った準会員の乾雅典さんが、アブラメ42・7センチという驚きの大物を持ち込んできた。居るところには居るものだ。

私の結果は本賞で5位、他魚の部で4位。いずれもいまひとつだが、狙い通りに魚が釣れたので満足できた。(報知APG・野村 道雄)

関連情報:スポーツ報知

情報提供:報知APG・貝塚サーフ会長 野村道雄