ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

鱚.me please!!・・・vol.36


遠州前浜に未だ鱚の接岸が乏しく、キャスターは鱚の群れ、小さな群れでもいいから探すのに四苦八苦している。私も時間制約の中、情報集めに海に繰り出してみるものの、何処も変わりは無い遠州灘である。例会も近い事であるし、会員達も色々ポイントを探している中LINEが届いた。「困った時の中田島さっ!」っと・・10尾程の鱚画像である。じゃあ明日は「中田島にでも・・・」っと思った矢先の17:00~携帯が鳴った。クラブ員であった。
「昨日、堀切で爆ったよっ!束20だ!!」「同行したTさんも120超えだ」
っと。この時期まして釣れないで喘いでいる遠州灘前浜、俄に信じ難い情報だった。行くしかないらっ!

翌17日(木)、家族に御頼み申して、朝4:00起床で我が家から60km以上もある渥美街道を飛ばした。途中エサ屋さんに依り、鱚爆を予想しての「イソメ¥1000宜しく!」っと言ってしまった。途中の田原町・和地地区に入る頃の濃霧(ナゴ)がまた掛かりだし釣果が気になる所だ。
何時も渋滞時間帯の移動だが、此の時間はスムーズに5:20~現着した。駐車場に着き4~5台の先客車を見ると、どれも見覚えのある浜松No車種である。タックルセットし堀切海岸に出る。

  • 2018年5月17日(木) 嫌な予感・・。濃霧の堀切海岸・・[今年もG杯決勝の地だ]2018年5月17日(木) 嫌な予感・・。濃霧の堀切海岸・・[今年もG杯決勝の地だ]

情報は出口右が良かったとの事で、当然右側に歩いて先客釣り師にモーニングを交わす。
「オイ!やっぱお前か!!」うちの会員メンバーの一人である「5:00にはやってます」
若いのは元気が有るな~っ、それも朝の寒さにハ―パン「考えられん」っとブツブツ
呪文らしきを唱え第1投、4~2色をサビキ、当たりを満喫している。

  • 時間の経過と共に連が有る(5連鱚)時間の経過と共に連が有る(5連鱚)
  • 「そうか?やはりあの車は・・。」五藤会員の3連+メゴチ「そうか?やはりあの車は・・。」五藤会員の3連+メゴチ
  • 「今日はちょっと渋い・・」っと4連鱚の杉山氏「今日はちょっと渋い・・」っと4連鱚の杉山氏
  • 負け時の4連鱚負け時の4連鱚

朝は肌寒くジャージが脱げなかったが、此の時間蒸し暑く、鱚の当たりも少し変化して来た所で左右にポイント移動し、久し振りの顔なじみキャスターと話が弾んでしまい、リーリングがおろそかになり指守の話しが飛び出した。「右へ行って見ますは・・」っと釣りにお互い専念することにした。周りの釣り師もポイント移動を重ね鱚をクーラー・インしている。

  • この時期の8連は「チョ~気もちィ・・」この時期の8連は「チョ~気もちィ・・」

場所を移動し4色3、2色とサビくと連掛けが楽しめる。ロケーションも良く楽しい時間である。この時間で私は50~60の釣果あり、左に移動し様子を伺うと
「型もいいよ・・」「70位かな・・」
他のキャスターさんは
「今、90尾位だよ」、「明日も来るから・・」
っと欲を前面に出しながら12:00~帰宅していった。
皆が帰路に就いた頃、「束超えは無理だっな・・」っと最後の1投をしサビくと2連の鱚が絡んだ仕掛けに付いてきた・・・付いていた。さすがに此の時間、腹も減り久し振りの早朝からの長帳場・・!帰りの足取りは、足元に30号のオモリを幾つも付けた感じの砂地であった。その浜に群生する「浜昼顔」の花が束超えしなかった私の折れた心を慰めてくれていたのは言うまでもない・・・(笑笑)

  • 今日を楽しませてくれた2鱚達。今日を楽しませてくれた2鱚達。
  • この季節の鱚と浜昼顔。この季節の鱚と浜昼顔。
  • 帰宅後の鱚。帰宅後の鱚。

【釣人】 鈴木 康友 様(浜松市)
【日時】 2018年5月17日(木曜日)/5時30分〜13時00分(大潮 満潮:6時16分/舞阪基準)
【場所】 渥美・堀切海岸
【天気】 曇り
【釣果】 12cm~17.5cm (持帰 72尾)
【エサ】 イソメ

●地図・アクセスマップ