ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

鱚.me please!!・・・vol.43


猛暑と台風の連続襲来の8月が終わりの31日頼まれてバイトをしていた。
「どうせ海はダメだし・・・!鱚、釣れんし!」っと、黙々と汗をダラダラ掻き働いていると、1年振りの釣友から連絡が入った。「明日遠州に行きます」っと。宮城在住の30年来の友であった。
帰宅し、身体を休めて居ると「篭定」さんから電話が入った。「おおっ?!珍しかァ・・」
「お客様から鱚情報が入りましたっ!」っと。
「天候も心配だし堀切も・・」っと悩みながらエサ屋に入ると、我クラブ員がタイミングよく入って来た。「良い情報あります?何処に行きます?」「そだね・・谷の口か高松・・かな?」「じゃ高松行きますよ、僕は!」っと。
情報交換を約束して私は谷の口海岸に向かった。雨がパラついたがさほどではないが、台風21号の影響が出て、波は高くサーファーとルアーだけで鱚狙いは私だけの様だ。1投3色をサビくがムクの28号が左に流されていき、当たりが出て回収すると鱚と河豚である。

  • 2018年9月1日(土) 谷の口海岸にての1投目の鱚と河豚。2018年9月1日(土) 谷の口海岸にての1投目の鱚と河豚。

続けて投入すると、鱚らしからぬ強い当たりが有り回収すると、20cmクラスが付いてきたので少しやる気を出して繰り返すが、上げるほどに外道の連発で河豚、アゴナイの5~7連であり仕掛けの消耗にその場を退散。

  • このサイズがもっと・・。このサイズがもっと・・。

移動撤収仕掛けると、「ガっタァ~ン」っと大きな音に振り向くと、4駆の足が宙に浮いているではないですか。幸い転倒までは無く怪我も無かった様子ではあるが、私には手助けは出来ずレスキューの出動を依頼した様である。砂浜でのスタック等、私にも経験があり楽しいはずの時間が一転して恐怖と絶望に襲われてしまう。解放感と楽しさが先走って周りが見え無くなり、ちょいミスが大事故につながりますから皆さんも十分気をつけて下さいね。

  • レジャーが一転してしまう出来事。レジャーが一転してしまう出来事。

その光景を後に移動をし、高松の仲間に連絡を入れると此処より幾分良く、私の3尾に対してツ抜け目前の情報に高松移動に心が動いたが、遠方からの釣友に軍配があがり、早目の竿納となった。とは言うものの時間も未だ余裕が有り、数か所の海岸を覗いて時間を調整しながら待ち合わせ場所に到着した。すでに到着していた3人は、宮城・仙台から9月1・2日、愛知県・堀切海岸で開催される東西100人会に参戦の為の来県である。「お疲れ様」っと挨拶を交わし、我クラブ員も近場に居るという事であり、呼び寄せて堀切情報や近況等を時間まで話し込み、仙台広瀬の会長初め2人の明日の大会の健闘を祈りお別れした。

  • 久振り再会の仙台広瀬キャスターの面子達。久振り再会の仙台広瀬キャスターの面子達。

【釣人】 鈴木 康友 様(浜松市)
【日時】 2018年9月1日(土曜日)/5時00分〜8時50分(中潮 満潮:9時7分)
【場所】 愛知県田原市・谷ノ口海岸/波高し
【釣果】 キス3尾
【エサ】 イソメ

●地図・アクセスマップ