ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

2019年 ダイワさんの投げ試投会に参加して


全国の投げ釣りファンの皆様、いつもお世話になりましてありがとうございます。店主の寺田弘孝です。
去る3月24日(日曜日)、ダイワさんの投げ試投会が、遠州灘は福田海岸にて開催されました。
当日は晴天となりましたが、強風で試投会としては最悪の条件下となりました。
しかし、参加者は97名で人気の高さが伺えます。(前日の酒匂海岸の参加者は91名でした。)

  • 強風下のダイワ投げ試投会です。強風下のダイワ投げ試投会です。

さて、当日のお目当ては、ズバリ「2019トーナメントキャスターAGSタイプTシリーズ」とリールの「2019トーナメントサーフ45シリーズ」ですが、こちらを中心に動画撮影とレポートをさせて頂きました。

「2019トーナメントキャスターAGSタイプTシリーズ」の中では、「29号400と33号400」の評判が良くて、細いそして軽い、バランスが良い、強い(反発が速い)、投げた後の収束が速い等、高パフォーマンスの投げ竿ですね!!
実釣には、「2019トーナメントキャスターAGSタイプT29号400」が一押しです。

そして装着するリールは、久しぶりにフルモデルチェンジの「トーナメントサーフ45シリーズ」。
注目は新たなギア比4.9の「2019トーナメントサーフ45/HG05PE(スプールのテーパー角7.5度)」ですが、ギア比4.1の「2019トーナメントサーフ45/06PE(スプールのテーパー角6度)」と比べると特にL型天秤を使用した時には、巻き始め(初動時)が少し重く感じますが、動き出せば何ら問題はありません。
爆釣天秤のように一直線になる天秤を使えば、巻取り感はギア比4.9もギア比4.1も同じように思えました。
あと、ギア比3.5の「2019トーナメントサーフ45/LG06PE(スプールのテーパー角6度)」もございますので釣人のそれぞれの釣りスタイルに合わせてお選び頂ければと思います。

ただ、スプールのテーパー角が6度や7.5度になっておりますので、ライントラブルが発生しやすいです。
ライントラブルでお困りの釣り人は、是非、篭定遠投スプールの
【B2】ダイワ45用新素材細糸スプール
http://www.kagosada.com/SHOP/kago_B2_002.html
または
【N】ダイワ45用新素材極細スプール
http://www.kagosada.com/SHOP/kago_N_390.html
をお使い下さい。ライントラブルを防いでくれます!!

最後に、特別ゲストで、投げ釣り界のトップキャスターであられる海洋くんが参加してくれました。
彼が持参した投げ竿は「2013サンダウナー コンペティション43号415」の剛竿!!
彼の凄まじいスイングスピードで、見事に竿を曲げて、ど迫力の投げを見せてくれました。圧巻でした!!
ど迫力の投げをご覧あれ!!

あと、動画(1秒間に240コマ)もアップさせて頂きますが、素人撮影のため画質が悪く、その点はお許し下さい。

山田様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

榛村様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

大石様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

根木様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

鈴木様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

山田様2019トーナメントキャスターAGSタイプT29号400(トップガン27号)+2019トーナメントサーフ45・HG05PE

鈴木様2019トーナメントキャスターAGSタイプT29号400(トップガン27号)+2019トーナメントサーフ45・HG05PE

榛村様2019トーナメントキャスターAGSタイプT29号400(トップガン27号)+2019トーナメントサーフ45・HG05PE

東様2019トーナメントキャスターAGSタイプT29号400(トップガン27号)+2019トーナメントサーフ45・HG05PE

東様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

田中様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(篭定28号)

神谷様2019トーナメントキャスターAGSタイプT33号400(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

海洋様2013サンダウナーコンペティション43号415(トップガン30号)+2019トーナメントサーフ45・06PE

参加者の皆様、撮影にご協力頂きました皆様、ほんとうにお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
さらに、ダイワスタッフの皆様、準備から撤収まで遠路はるばるで、ほんとうにお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
また、来年も楽しみにしております!!

  • ダイワ投げ試投会に最後までお付き合い頂いた皆様です。ダイワ投げ試投会に最後までお付き合い頂いた皆様です。

最後に、今回の試投会に参加された皆様からコメントを頂きましたので、以下にご紹介させて頂きます。

【トーナメンターYK様】
「トーナメントキャスターAGS-TYPE-T33号400」を試投して第一印象はやはり最近の竿の特徴で、反発が速くタメがきいて、400のせいかスイングスピードが上がり、弾の初速が速く感じました。
コントロールも良く、近投から遠投まで使える竿と感じました。
2019年の目玉は「トーナメントサーフ45」です。
HG05PEと06PEと使い分けてみましたが、とにかく滑らかさに驚きでHGは巻き初めが重く感じましたが、遠投からの巻き上げは速く、トーナメントでの手返しが良さそうですが、自分的には06PEが気になりました。

【トーナメンターKS様】
「トーナメントキャスターAGSタイプ-T」に「トーナメントサーフ45」の組み合わせの試投をしてきました。
先ず竿ですが、手に取ってみると非常に軽くバランスの良さを感じました。33号400の試投をしてみました。竿が軽いからパワー不足かなと思いましたが思い違いでした。
曲げてからの反発が早く、錘のスピードもかなり早いです。遠投〜近投まで非常に使いやすい竿かと思いました。
実釣での感度もかなり良さそうな感じです。
次にリールです。
ハイギア(4.9)ですが巻き取りは早く感じます。ただ巻き始めが少し重いです。深場の重い潮での巻き取りがどうかなと思いました。
ノーマルギヤ(4.1)は巻き取りも軽く良いイメージでした。リールの完成度はかなり良いと思いました。
ただ、クロスラップの巻き取り方が従来と少し違うため、錘の垂らしの調整が気になりました。

【トーナメンターTM様】
普段はサンダウナーコンペティションII31号405を多く使用しています。
リールはトーナメントサーフZ45です。今回発売された「トーナメントキャスターAGS TYPE-T33号-400」はかなり手強く、私にはオーバースペック感が強かった。
「トーナメントキャスターAGS TYPE-T29号-400」は33号と比べ投げ良く、2番と元竿部分がしっかりしていて、反発が強く上手く仕上がっている感じでした。
今回追加された「2019スカイキャスターAGS 25号-405」の第一印象は軽い細いです。しかし元竿部分がしっかりしていて、実釣で使用したら、何か新しいキス釣りが発見出来るような気がしました。
トーナメントサーフ45のギア比4.9は、巻き上げがかなり重たいと言われてから使ったが、思ったよりは重くはなかった。
ギア比4.1は違和感を感じる事無く使えた。
試投会時点でもかなり完成度は高く、最終の作り込みで更に良くなる事を期待します。

【トーナメンターHN様】
今回発売になった「トーナメントキャスターAGS TYPE-T33号400と29号400」試投の感想です。
第一印象は口金リング無しは好きです。しかしカーボンラッピングの仕上がりやロゴや元竿のシルバー色は好印象ではなかった。
10万円を超える竿なので、もう少し何とかならないのかと思っています。
33号を試投してみると、硬い反発だが強いしなり返しが少なく、ブレが少ないと感じました。
29号は硬さが少ない分、投げ良く楽に扱え完成度が高い竿になっていると思いました。29号を実釣で使ってみたいです。
飛距離は当日強風の為参考にはなりませんでした。
今年も追加モデルの中に30号〜25号385のストリップ竿が無く、残念に思っています。しかし時間も無いので、今回の試投会後、「2018スカイキャスター27号-405のストリップ」を購入しました。
「2019トーナメントサーフ45」については、自身歴代の45を使い続け昨年2台の45をマグシールドラインローラーに取り換えとメンテナンスを行いました。その後絶好調で使えてます。
今回の試投会で使用したギア比4.1が、スムースな巻き上げが出来好印象であった為、1台発注しました。

篭定釣具店 店主 寺田弘孝