ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

鱚.me please!!・・・vol.64


12月16日・・今日は撃沈!!で始まる・・・良くあるパターンだけどね!

先週は波が高くてそれまで快調だった平松~鮫島界隈は出来ない状況で、五島海岸辺りを調査していたが、「条件が揃えば良いだろうな・・」っと、週末を待っての土曜日が「頭ガン・ガン」で布団の中で夢枕・・。
明けて12月15日(日)、「今日は体調復帰」で釣り場に向かい到着すると、狭い駐車場には富士N0の車等一杯で、空いたスペースにどうにか駐車出来た。
浜を見渡すと、狙って居たテトラ間ワンドは4~5人が攻めていて断念。正面には誰も居なく2~3投するが、河豚の当たりで人混みの左に移動すると、我クラブ員と知人達、そして富士方面からの遠征釣り師達である。「どう駿河方面は釣れる・・?」「鱚は今絶滅危惧種だよ」っと、環境問題を彷彿させる回答にビックリした。所で「今日はどう?」「No fish・・・!」っと言う答えに唖然とした。「まさか・・!?」実際に投げても河豚のみが波口からポッコリと顔を出す。昨日は「40~50は釣れたのに・・!」っと、寝耳に水みたいな事を言っている○花釣り師と○村釣り師。
「エェ・・昨日?冗談でしょ!」寝てる場合じゃなかったよ。だから遠征グループがこの地に居るんだ・・。アンテナの低い私は又、頭がガン・ガンとなって居た。まして右側のワンドでは良型揃いとか?移動を繰り返し探ってみても、鱚は愚か生体反応が全く感じられず、一先ず先に移動したキャバさんの後を追い朝釣れなかった正面に行くと、また・また磐田OFCのお二人さん、「今、鮫島海岸からの・・」っと2回戦を行いに来たようである。すでに3~4連を披露して居た。喰いだしが遅く、先程までの沈黙は何だったのか?と思わせるほど喰いが活発になり、小振りながらの連掛けが始まった。ここは11月上旬にクラブ員のキャバ男さんが「ひとり爆」を行ったポイントであり、今日のキャバ男さん「絶好調」で鼻息がバフ・バフさ。

  • マイ・ポイントでの良型鱚・・既に30尾近いかな?バフ・バフ(12月15日・日曜日・五島海岸)マイ・ポイントでの良型鱚・・既に30尾近いかな?バフ・バフ(12月15日・日曜日・五島海岸)
  • 鮫島のリベンジ・・2連でニッコリだよ「型いいよ」ウハ・ウハ(12月15日・日曜日・五島海岸)鮫島のリベンジ・・2連でニッコリだよ「型いいよ」ウハ・ウハ(12月15日・日曜日・五島海岸)
  • この時間になっての5連だよ・・超気持ちいいィ・・。(12月15日・日曜日・五島海岸)この時間になっての5連だよ・・超気持ちいいィ・・。(12月15日・日曜日・五島海岸)
  • 帰宅後の鱚・・11cm~17cmが26尾(12月15日・日曜日・五島海岸)帰宅後の鱚・・11cm~17cmが26尾(12月15日・日曜日・五島海岸)

16日の朝8:00~10:00まで、鱚の活性がどこの地区でも悪かったようだが、鮫島海岸を攻めたクラブ員の1人は、ピンポイントでは有るが14日が22尾、15日は27尾をゲットした情報が入って来た。これから冬に入り鱚も深みに入る気配がする。でも平松、駒場、鮫島の各海岸では冬でも鱚が釣れるテッパンポイントであり攻めて見たくなる。そして今日の16日(月)朝の渋滞を見越しての出漁。お馴染みの車が既に駐車されており、西側のワンドには昨日のメンバー、○山、○本、○堀の御三家、そして左のポイントには○花さんと○羽さん・・皆さん鱚をお釣りのようで、私も仲間に入るが何故か今日はノリが悪く仕掛けの絡み、根掛かりと河豚、そこに御三家が合流してポロ・ポロ釣るわけだが、私には一向に鱚の当たりが無く最悪!「河豚の4連・・」止めた!!・・・(怒)「写真撮るかね・・?」○堀さんの優しいお気持ちを丁寧にお断りして「馬鹿にしないでよ・♪そっちのせいよ♪」それでも終了間際に2尾の鱚を釣り車にプレイバック・・プレイバック♪。