ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

鱸が鱚を釣る!〜第18回〜


9月6日(日)、第6回例会が開催され、久し振りの地元開催で「中田島海岸」となった。
最近の釣果として、まとまった情報も少なく、今回の「近場」の幹事の決定であろう。
正面から河口方面に4~5人、後の会員は右方向に移動し、中型サイズを平均20尾ほどの釣果を得ていたが、一人それよりもさらに右移動し、全体平均よりWスコアを叩き出した会員に軍配は上がった戦いだった。

例会も終わり、海の状態が余りパッとしない日々を、ただ「ダラ・ダラ」と過ごし、仕掛け作り、天秤作りなどで時間を費やして居た頃、「遠征に行かないか・・・?」っと、パワーと暇を持て余している会員から連絡が入った・・。「何かと野暮用で行けないよ・・。」そんな返答に、どうにもこうにも彼は我慢が出来ず、シルバーウィ-ク前の16日(水)、まさに敬老釣り師と3人で遠征に出掛けた様だ。

その日は条件も揃い、朝6:00に27.7cmを釣った様である。敬老会も、地元遠州灘では滅多に釣れない25cmオーバーを数匹上げご満悦!
その状況を事細かく私の家に押しかけ、「行こう・・!行こう!」のラブコール。久しく遠征に行ってないし、数年前ならば「即、実行!」がモットーで、遠征に賭ける情熱があったが「年寄り」になったか・・。

9月16日(水)多鱚会・笹田会員27.7cmの鱚。
画像をクリックすると拡大表示いたします。


これだけ誘われ、実際に釣果を見聞すれば「行く気MAX」、ってことでカミさんを口説き、9月23日(水)午前1:00過ぎ浜松西IC入りし福井・敦賀に向かった。
AM4:00過ぎに到着し、辺りも少し明るくヘッドランプも外せる時合い、1投するが当たりが無い・・。すると釣友が目覚めコールだ、「当たった・・来た」。北か南か方向音痴なのか、リーリングすると24cm程の鱚「ヤッ!小さいな・・」の贅沢口調炸裂。
エサはイソメ、青虫の持参の今回、チロリが入手困難だったが青で十分行ける。当たりもポツポツ出始め、7:00過ぎ、強い当たりが私の竿に来た。ここ最近では無い強い当たりに「興奮MAX」。慎重に巻き上げると優に30cmは有りそうな鱚登場。
計測すると29cmを切り、28.9であり、その後も立て続けに良型ヒットし、私は28cmオーバー2本と25オーバー6本の17本の鱚に出会えた。
案内に徹した釣友は25オーバー数本と12尾の釣果で「ガン見」して来た。
今回は数こそ少ないが実に楽しく遠征を堪能出来、釣友に感謝したい。

9月23日(水)私が釣り上げた28.9cmの良型キス。
画像をクリックすると拡大表示いたします。

9月23日(水)私の良型キス釣果。
画像をクリックすると拡大表示いたします。

9月23日(水)私の釣り上げた25cmオーバー6尾755g。
画像をクリックすると拡大表示いたします。

9月23日(水)私の釣り上げた28.9cm151gの良型キス。
画像をクリックすると拡大表示いたします。


25日(金)、エサも余り「カミさんも仕事休み」って事で再挑戦である。天気予報を確認すると、さほど関係ない様な予報で、前回パターンで出発し、少し早目の現着だが雨降りだ。しかも向かい風だよ・・・。
予報はあくまで予報で画面と現実の違いに愕然とし、雨の中投入するが当たり無し!!風を避け、他のポイントに移動を数ヶ所繰り返すが、デカ鱚を見た後のピンでは収納するしかなく、疲れ果てた釣友は、気持ちよさそうに車中爆睡状態だ。「柳の下のキス」甘くなかったっすよ。

帰路に就いて翌26日(土)、J杯福田開催だ。
このところ鱚の居ない「福田海岸」に、総勢270人が全国から集結し、私は本部より右を選び139番スタート。エリア手前1kmに釣座したが、何処も今日の海況では苦戦と見た。
スタートは案の定、7:00~12:00の1回戦方式となり1尾の鱚を狙った。結果、選択したエリアに鱚は居なく、左エリアに鱚は居た。と、いうものの全体で20人程が釣果を得て、我クラブ会員もその一人で見事セミGETしました。J杯も終盤で後は大磯大会であるが・・・?

9月26日(土)に開催されたシマノJC福田海岸・入賞・多鱚会水野会員。
画像をクリックすると拡大表示いたします。


27日(日)、第7回例会だが迎える天候は最悪。雨や風なら我慢できるが、「キス・鱚」ちゃんが居ないここ遠州灘海岸だ。昨日の今日の開催にメンバーの口数が少なく、幹事から「今日は舞阪海岸」開催の命が出て、現地5:30~スタートだが、海を見て会員殆んどの足並みが遅い、「この海じゃなァ・・・」っとため息スタート。
こんな状況でも、時間まで脱落者が出る訳でもなく、会員皆、「1尾の鱚」を求めていた。
私も終わってみれば、時間最後まで竿を振って居た。
検量で3尾が一人、1尾が一人だけの釣果。共にテトラ寄りの釣座だった。
他の会員達は「開いた口がふさがらない」感じ、過去の例会でも、こんなシビアな大会は珍しい気がする。
遠征で楽しんだ後の3日連続の凹は今迄に経験ないかも・・・?であった9月終盤。

9月27日(日)に開催された多鱚会様第7回例会上位2名。
画像をクリックすると拡大表示いたします。


第6回例会結果

【開催日】 9月6日(日曜日)小潮(干:5:47)
【月例会場】 中田島海岸
【参加者数】 21名(内ゲスト1名)
【競技内容】 2尾長寸、最多尾数、大物

【2尾長寸】

枠名 名前 大きさ(cm)
優勝 鈴木 左登志 40.7cm
2位 水野 正太郎 39.7cm
3位 岡本 拓 38.3cm

【最多尾数】

枠名 名前 総尾数
優勝 笹田 正美 61
2位 鈴木 清彦 49
3位 鈴木 左登志 39

【鱚の大物】

名前 大きさ(cm)
鈴木 左登志 21.2cm

釣果 総釣り数504尾

第7回例会結果

【開催日】 9月27日(日曜日)中潮(干:11:18)
【月例会場】 舞阪海岸
【参加者数】 20名(内ゲスト1名)
【競技内容】 2尾長寸、最多尾数、大物

【2尾長寸】

枠名 名前 大きさ(cm)
優勝 中村 實 19.0cm
2位 菅谷 実 7.5cm

【最多尾数】

枠名 名前 総尾数
優勝 中村 實 3
2位 菅谷 実 1

【鱚の大物】

名前 大きさ(cm)
中村 實 10.5cm

釣果 総釣り数4尾

鈴木様、貴重な情報を頂きまして、ほんとうにありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

関連情報:浜松多鱚会日誌

情報提供:浜松多鱚会会長 鈴木康友様