ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

投げ釣り情報満載!!

鱸が鱚を釣る!〜第26回〜


この所、身体を酷使してのメーカー大会もひと段落って感じで、7月20日以降は、もっぱら地元「中田島海岸」を攻めて居た。でも、ここにきて孫達の夏休みで時間を取られる事が多く、釣友からの情報で「イラ・イラ」が募るばかりである。
夏休み前の7月21日前日の情報で、「中田島で喰った」っと言えば行かない訳にはい・か・な・い!8:30~現着し、正面界隈を攻めるも単発での鱚に、釣友の居る沖テトラ帯1・2・3基有る中の3番右端に移動し1投する。4色~サビくが当り無し・・「1色~0.5だぜっ!!」「そうかどう見ても浅く波潰れって感じ」の1色に入ると、いきなり「レディ・ガガガ」っと当たりが来た。
今日は大潮、干潮止りが13:01、潮は引き、瀬が出て来たがポイントは深く、サーファーが立って胸元以上に有る。ここに鱚が群れている訳だ。「良い所探したじゃん」っと、釣友を褒め14:00竿納めとし、58の良型混じりの鱚に感謝した。

  • 2016年7月21日(木) 鱚58尾・中田島海岸2016年7月21日(木) 鱚58尾・中田島海岸

翌22日、東風がひどく「今日はやめておく・・」っと連絡を入れ、庭の草むしりをしている午後、「76尾getしたよ~っ」っと連絡が入り、また、OB会員がポイント西側2~3kmで、良型揃いが80尾なんて情報に集まった釣友は、欲の深さを出し正面から4kmの移動をし鱚を追いかけて居た。
因みに私は、防潮堤工事の影響で車移動がままならず、ママチャリで東西のポイントを移動したにも関わらず、本日19尾でギブになってしまった。「昨日はあんなに釣れたのに・・」っと1日で変わってしまい、的が絞れない最近の遠州灘である。唯つ救われたのは、移動しての5連掛けであった。

  • 2016年7月23日(土) 鱚5連掛・中田島海岸2016年7月23日(土) 鱚5連掛・中田島海岸
  • 2016年7月23日(土) 持ち帰り鱚2016年7月23日(土) 持ち帰り鱚
  • 2016年7月23日(土) 夜の鱚刺身と外道の煮付2016年7月23日(土) 夜の鱚刺身と外道の煮付

25日(月)、小・中学校短縮授業と言う事で短時間の釣行。7:50~坪井海岸に勝負に出た。「昨日は釣れた」の情報に、駐車スペースは満車であり空スペースを探していると、釣友が汗を掻いて戻って来た。「いね~よっ!」。何だか無愛想な感じであり、言葉少なげに去って行った。
自分で投げてみないと納得できず、浜に出て1投~3投するが魚信がまったく無く、8:30、マイ・ポイントと言うべき中田島に直行した。
9:00近く~、今日は「1番2番テトラ間を・・」っと自分に言い聞かせ勝負を掛けた。9:04満潮から下げに入いる。鉄板ポイント、3番テトラ付近はすでに人混みであり、情報がまん延している事を感じた。4色を投げ入れると、直ぐに当り、型の良い鱚が連掛けである。未だ坪井方面で粘って居るだろう釣友に連絡を入れると、彼もすでに移動を掛けて居て、連絡数10分後に炎天下に汗をビッショリ掻いて現れた。
「なんでこんな場所に・・・」「まっイイから投げてみなっ!」すると当たりが入ったようだ。「おお~居るねェ~」鉄板ポイントも良いが、連日連投している中、少し移動し、荒れて居ない場所を攻める事も釣果を伸ばす手段だが、これは一か八かの勝負だ。今回は見事に的中し、12:00迄に72尾
彼は昼過ぎ迄釣って、型揃い平均18~19cmを80オーバーで帰宅模様。

  • 2016年7月25日(月) 鱚7連掛・中田島海岸2016年7月25日(月) 鱚7連掛・中田島海岸
  • 2016年7月25日(月) 私の鱚7連掛・中田島海岸2016年7月25日(月) 私の鱚7連掛・中田島海岸
  • 2016年7月25日(月) 笹田会員の鱚5連掛・中田島海岸2016年7月25日(月) 笹田会員の鱚5連掛・中田島海岸
  • 2016年7月25日(月) 鱚72尾・中田島海岸2016年7月25日(月) 鱚72尾・中田島海岸

いよいよ夏休み突入だ。孫ッチの面倒見に、明ける日々が私を悩ませる・・。中田島海岸は今週に入っても喰っている様で情報入電がある。週末土曜日の30日、居てもたっても居られず「早く帰るから行って来るよ」っと、「早く来てよっ!!」っと怒鳴り声にも似た見送りに玄関を出た。
今日も違うポイントを目指す為「ママチャリ」を車載しての出漁で、現着5:30~、海岸遊歩道を走るが、早朝にも関わらず若者の姿が異様な数である。皆、「スマホ片手にフラフラと・・・」そっか?「ポケモンGO」なんだ。私は興味が無いが、爆発的人気の凄さに驚いた。私は「キスちゃんGO」だ。
今日は若潮で干満差が少ないが1投で当り、今回久し振りの持ち竿キスぺ使用で、仕掛け仕様は良型の連掛けを想定し、幹糸2.0ハリス0.8針は袖型6の7~9本仕掛け「欲張り仕掛け」。その効果もあってか、5連~最高7連があり、5:30~8:00迄に27程キープし喰いが止り、3尾追加で9:30納竿した。
約束の時間厳守で、未だ粘れば釣れそうな気配だが、「オバモン」が出現したので、素早く退散したのは言うまでもない。

  • 2016年7月30日(土) 5時30分~9時30分の釣果・中田島海岸2016年7月30日(土) 5時30分~9時30分の釣果・中田島海岸

7月最終日の日曜日31日、クラブ第4回目の例会開催であり、幹事の指示に従い開催地はやはり「中田島海岸」決定。他も候補は出るが、現時点ここがベストだと会員皆感じているところだ。
5:30、今日はゲスト参加2名と準会員2名の4名を含めた総勢23名で戦った。駐車場正面をセンターに左右に別れ、私は昨日の1番テトラから砂丘方向を選択し、途中ルアーの間に入れさせて頂き2~3投するが、フグの猛威で大事な仕掛けは見事にツル・ツルであり移動した。情報提供したポイントには、すでに会員は連掛けしていて、私に闘争心をふるい起たせてきた。昨日と同じ仕掛け仕様だが、今日のハリスはピンクで挑戦した。
5色投入するも、サビキをして4~3色に来ると、ハッキリとした鱚の当りが入って来る。楽しいの一言だ。でも、昨日の様な喰いが無く、投点を変えての単発が多い数mを移動するが、やはりテトラ左端が私にはベストポイントであり、5:30スタート11:00納竿で43尾で終了となった。結果はご覧の通りだが、全体にポイントは近く、大物上位は3番テトラの鉄板ポイントだった。また数の上位者は、「3.5号針の15連針仕掛け」を駆使して臨んだ様だ。それこそ「欲針仕掛け」である。
今回、神奈川から参加して頂いた釣り仲間曰く、「久し振りの楽しさを味わえた」っとしきりに連呼していた。「今日は楽しかったです。最近の西湘なんて10釣るのがやっとだよ」「遠州の鱚の活性の強さ、当りの強さに最高だった」っとご満悦で帰路に就いた。

  • 2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)鱚大物21.2cm(勝田会員)2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)鱚大物21.2cm(勝田会員)
  • 2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)最多49尾(館野会員)2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)最多49尾(館野会員)
  • 2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)上位のオヤジ達2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)上位のオヤジ達
  • 2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)上位に食い込めない私の釣果2016年7月31日(日) 多鱚会第4回例会(中田島海岸)上位に食い込めない私の釣果

第4回例会結果

【開催日】 7月31日(日曜日)5:30〜11:00 中潮/干潮:10:11
【月例会場】 中田島海岸
【参加者数】 23名(準会員、ゲスト含)
【競技内容】 2尾長寸、最多尾数、大物

【2尾長寸】(同寸は1尾のサイズ優位)

順位 名前 大きさ(cm)
優勝 岡本 信雄 40.4cm
2位 勝田 宗男 40.1cm
3位 佐藤 春夫 39.4cm
4位 加藤 峰樹 39.4cm
5位 鈴木 左登志 39.3cm

【最多尾数】

順位 名前 総尾数
優勝 館野 高幸 49
2位 水野 正太郎 48
3位 鈴木 康友 43
4位 加藤 高敏 39
5位 笹田 正美 35

【鱚の大物】

名前 大きさ(cm)
勝田 宗男 21.2cm
釣果 総釣り数574尾(平均:24.9尾)

鈴木様、貴重な情報を頂きまして、ほんとうにありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

関連情報:浜松多鱚会日誌

情報提供:浜松多鱚会会長 鈴木康友様